MENU

PING契約 鈴木 愛選手 優勝!

一覧に戻る
一覧に戻る

シーズン最多勝利となる3勝目&自身初の大会2連覇を達成!

Ai Suzuki

鈴木 愛 選手 プロフィール
1994年生まれ。徳島県出身。中学3年生時に「四国アマ」優勝。2009年の「日本女子アマ」でメダリストに輝くなど、ジュニア時代からその名を馳せる。10年、11年にはJGAナショナルチームの育成選手として世界を経験。13年にプロテスト合格を果たすと、同年の下部ツアー「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」で初タイトルを獲得。14年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」にてツアー初優勝をメジャーで達成。20歳128日での選手権制覇は、これまでの大会最年少優勝記録(21歳83日)を塗り替える快挙となった。17年に賞金女王を獲得。得意なクラブはパター。料理が上手。

PING契約の鈴木愛選手が、国内女子ツアー第11戦「ほけんの窓口レディース」の最終日、3バーディ、3ボギーのイーブンパー72でラウンドし、トータル8アンダーで今季3勝目。ツアー通算8勝目を飾りました。

 今大会は出だしから絶好調。初日、2日目とも首位をキープし、これ以上ない理想的な試合運びを披露しました。

 しかし、最終日は大会序盤から抱えていた膝と手首の痛みに加え、大雨の悪天候も重なるタフなコンディション。8番で初めてのボギーを叩き2位に並ばれると、15番では首位から2打差に後退。優勝に向けて絶体絶命のピンチに追い込まれました。

 ただ、ここで決して意気消沈しないのが昨年度の賞金女王。16番、17番で連続してパーパットを決め、3選手が同スコアで並ぶ最終18番(パー5)への勝負に持ち込みます。ここで3打目を54度のウェッジでピンそば1メートルへ寄せると、集中力を極限まで高めたパットが見事カップイン。これがウィニングパットとなり、自身のシーズン最多勝利となる3勝目に加え、キャリア初の同大会2連覇を達成しました。(昨年の優勝レポートはこちら)

優勝クラブセッティング

優勝クラブセッティング
Driver : G400 LSテック (10度)
Fairway : G400 5W
Hybrid : G400 (22度) (26度)
Iron : i200 #6-#9 / PW
Wedge : GLIDE 2.0 (50度SS) (54度SS) (58度SS)
Putter : VAULT Anser2

勝敗を決する土壇場のゲーム終盤で鈴木選手を勝利に導いたのがi200アイアンGLIDE2.0ウェッジ。両クラブに施されている「パールクローム仕上げ」が濡れた状況でも水滴を弾き、スピン性能をアップ。今大会のような雨天の環境下で威力を発揮する。

また、着目したいのはi200アイアンのライ角セッティングが標準よりフラットだという点。一方でGLIDE2.0ウェッジは、アイアンよりアップライトを選択。「ライ角」は方向性を示唆する角度で、PINGフィッティングでは1度毎に“カラー”でプレーヤーの最適な度数を示すカラーコードを用いている。

PINGではその「ライ角」もチェックできるブランドイベント「PLAY YOUR BEST」キャラバンを2018年11月まで全国各地で展開中。PINGブランドの世界観を満喫できる特別な機会をお見逃し無く!

  • G400 LSテック
  • G400 フェアウェイウッド
  • G400 ハイブリッド
  • i200 アイアン
  • GLIDE 2.0

大会前の誕生日&最終日の母の日を勝利で祝福!

 大会直前の5月9日に誕生日を迎えた鈴木選手。そして最終日の13日は母の日。この優勝は自分自身と、献身的なサポートで鈴木選手を支えているお母さんへの最高のギフトとなりました。

 これでシーズン前に本人が掲げていた年間目標の「ツアー3勝」に開幕2か月にして早くも到達。ちなみに、今シーズンはこれまでの出場8戦中で3位以内が実に7回。平均パット数、パーセーブ率、平均バーディー数、平均ストロークで1位を記録し安定感抜群の成績を残しています。

 次に見据えるのは、5月31日に開幕する米国LPGAメジャー「全米女子オープン」でのトップ10入り。プレーにさらなる粘り強さが加わった鈴木選手の活躍に注目です。

関連リンク

twitter
facebook
youtube
instagram

このページのTOPに戻る