MENU

固定観念を覆すフィッティング力

PINGフィッティングの流れ

ベストフィットのクラブで
パフォーマンスを最大化
それがPINGのフィッティング

PINGのフィッティングは「PLAY YOUR BEST(=あなたの最高を生み出す)」ために日々進化しています。パフォーマンスを最大に発揮できるベストフィットかどうかを確認しながら、クラブをあなたの体型やスイングに合わせていきます。

ウッドフィッティングの流れ

1,カルテ作り

現状の悩みや理想の結果をインタビュー

「スライスを直したい」「もっと飛ばしたい」「安定したショットを打ちたい」などのお客様のご希望や、現状や理想とする結果をフィッターがインタビュー。現在ご使用中のクラブも確認しながら、目的を達成するためのカルテを作成します。

Point
自身の希望を明確にフィッターに伝えることが大切です。

2,モデル選び

試打しながら最適なモデルを選択

カルテを作成後、インタビューを元にヘッドモデルを決定します。モデルによって左右の方向性や高さが変わります。また、フェアウェイがキープでき、最も飛距離の出せるモデルも打ち手によって異なります。

Point
モデル選びは理想の結果に直結する大切なポイント。
まずは希望に近いモデルの選択を。

3,シャフト選び

最適なシャフト選びで出球が安定

最適なシャフトモデル・重量・フレックスを決めるために、弾道計測器を使用して、インパクト時の打球の打ち出し角やスピン量から理想のスペックを導き出します。計測器のデータだけでなく、お客様のフィーリングも確認しながら決定します。

Point
最適なシャフトを選ぶとインパクト時の出球が
整うため、弾道の安定性が向上します。

4,ロフト/ライ角/ウェイトポジション調整

理想の弾道への最終調整

ヘッドモデルとシャフトが決定した後、さらにヘッドのロフト/ライ角/ウェイトポジション等に調整を加えます。最終的にはお客様へのインタビューを元に希望弾道に沿うようにクラブを合わせていきます。

Point
既存のモデル設定だけではフィットしきれない
細かい部分も調整可能。理想の弾道により近づけます。

5,グリップ選び

違和感を除きフィーリングを向上

タイプ別にお好みのグリップを豊富にラインナップしています。手のひらと指の長さを測定し、グリップカラーコードチャートに当てはめて最適な太さのグリップを提案します。

Point
スムーズなスイングをするためには
自分の手の大きさに合ったグリップ選びが必要。

アイアンフィッティングの流れ

1,カルテ作り

現状の悩みや理想の結果をインタビュー

「スライスを直したい」「もっと飛ばしたい」「安定したショットを打ちたい」などのお客様のご希望や、現状や理想とする結果をフィッターがインタビュー。現在ご使用中のクラブも確認しながら、目的を達成するためのカルテを作成します。

Point
自身の希望を明確にフィッターに伝えることが大切。

2,モデル選び

試打しながら最適なモデルを選択

カルテを作成後、お客様へのインタビューを元にヘッドモデルを決定します。プレースタイルに合わせて最適なヘッドを選ぶことは、コースマネジメントに大いに役立ちます。

Point
モデル選びはフィーリングも大事な要素。
気持ちよく扱えるモデルを探してみましょう。

3,静止状態での身体測定

クラブ長とライ角を診断

身長、手首から床までの長さを測定します。ゴルファーの体格は身長、腕の長さ、自然な姿勢など千差万別。つまり、フィットするクラブもそれぞれ異なります。フィッティングの基準となるクラブの長さとライ角を決めるために、このステップはとても大切です。

Point
これからゴルフを始める方でも、
まずは体型に合わせたクラブを選ぶことが大事。

4,ライ角選び

ライ角で弾道の方向性を調整

ヘッドのソールにテープを貼ってスイングをしていただき、インパクト時にクラブのソールがどのように地面にコンタクトしているかを検証します。ボールをつかまえたければアップライト、逆につかまりを抑えたければフラットと、お客様の希望に合わせながらライ角を調整します。

Point
スイングを無理に合わせるのではなく、
クラブによって方向性を調整することができます。

ライ角のカラーコードチャートシステム

フィッティング時の基準となる「長さ」と「ライ角」を決めるPING独自の画期的なフィッティングシステムです。チャートの縦軸が手首から床までの長さ、横軸が身長になっており、それぞれの交わった部分のカラーが、基準のライ角となります。「4,ライ角選び」で導き出されたカラーコード(ライ角)のクラブを打っていただき、スイングに合ったライ角を選びます。

カラーコードチャートを見る

5,シャフト選び

最適なシャフト選びで出球が安定

最適なシャフトモデル・重量・フレックスを決めるために、弾道計測器を使用して、インパクト時の打球の打ち出し角やスピン量から理想のスペックを導き出します。計測器のデータだけでなく、お客様のフィーリングも確認しながら決定します。

Point
最適なシャフトを選ぶとインパクト時の出球が
整うため、弾道の安定性が向上します。

6,グリップ選び

違和感を除きフィーリングを向上

タイプ別にお好みのグリップを豊富にラインナップしています。手のひらと指の長さを測定し、グリップカラーコードチャートに当てはめて最適な太さのグリップを提案します。

Point
スムーズなスイングをするためには
自分の手の大きさに合ったグリップ選びが必要。

このページをシェアする

このページのTOPに戻る