MENU

PING契約 鈴木 愛選手 優勝!

一覧に戻る
一覧に戻る

早くも今季1勝目を挙げる!

Ai Suzuki

鈴木 愛 選手 プロフィール
1994年生まれ。徳島県出身。中学校3年生の時に、「四国アマ」優勝。2009年「日本女子アマ」ではメダリストに輝くなど、ジュニア時代からその名を馳せた。10年、11年とJGAナショナルチームの育成選手として世界も経験。13年「プロテスト」合格を果たすと、同年の下部ツアー「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」で初タイトルを獲得。「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」でツアー初優勝をメジャーで達成。20歳128日での選手権制覇は、これまで大会最年少優勝(21歳83日)を塗り替える快挙となった。2017年賞金女王を獲得。得意なクラブはパター。

PING契約の鈴木愛選手が、国内女子ツアー第3戦の「Tポイントレディス」で、4バーディ・2ボギーの69でラウンドし、トータル8アンダーで今季初勝利。ツアー通算6勝目を飾りました。

 昨年の賞金女王として臨む新シーズンは開幕から好調。初戦を3位タイ、第2戦はプレーオフでの2位と、それぞれの試合で優勝争いに絡む活躍をみせ、今大会は文字通り“3度目の正直”を期待される中での出場となりました。

 大会は荒天により初日は中止。仕切り直しの2日目から首位を堅持。最終日の3日目には各ホールで果敢にピンを攻め、パターはしっかり決めるという理想的なプレーをみせ、見事優勝を決めました。

 「今回の試合では、荒天でコースコンディションが悪く、そして薄い芝に苦しめられました。なので今回の試合前には、多めにアプローチを練習したのがプラスになりました」

 「チップインも決まりましたしね!オフシーズンにも、アプローチ の練習を多く行ったので、それも活かせたと思います。また、グリーンも難しかったので、最終日はエースパターを使い、しっかり決めることができたと思います」

優勝ギアセッティングを解説!

優勝クラブセッティング
Driver : G400 LSテック (10度)
Fairway : G400 5W, 7W
Hybrid : G400 (22度) (26度)
Iron : i200 #6-#9 / PW
Wedge : GLIDE 2.0 (50度SS) (54度SS) (58度SS)
Putter : VAULT Anser2

 ドライバーは、昨年後半戦から使用している「G400LSテック」を投入。スピン量を抑えるロースピンテクノロジー搭載で、吹け上がる弾道を抑え、ランも出て飛距離を伸ばす。

 そこに続くのは、G400フェアウェイウッドの5番と7番。深低重心設計でボールが上がりやすい。

 番手間のギャップを埋めるためにG400ハイブリッドの22度と26度を使用。ラフからでもしっかり高さを出して打つことができるのがG400ハイブリッドの特徴だ。

 そして、操作性抜群のi200アイアンを6番から使用。距離感をしっかり出せるセッティングとなっている。

 また、今回の試合でチップインをアシストしたウェッジは、GLIDE2.0を使用。GLIDE(滑る)ソールにシャープな溝、高い疎水性、丸いリーディングエッジと、ウェッジで求められる要素を凝縮したクラブだ。

 番手ごとに最適な溝を施し、濡れた芝でも水滴を弾いてスピン性能を発揮するパームクローム仕上げが、今回の荒天でのコンディションでも威力を発揮し、優勝という結果を生み出した。

  • G400 LSテック
  • G400
  • G400
  • i200
  • GLIDE 2.0
  • VAULT Anser2

海外メジャーへ参戦!

 開幕3戦を終え、平均ストローク、平均パット数、平均 バーディー数、パーブレイク率、バーディー数など多数の記録部門で現在1位となっている鈴木選手。

 優勝の勢いを維持して出場する次の試合は 、3月29日から開催される米国LPGAメジャー初戦の「ANAインスピレーション」。

 「海外メジャー戦での目標は、トップ10入り!頑張りますので応援をよろしくお願いします!」

関連リンク

twitter
facebook
youtube
instagram

このページのTOPに戻る