MENU

HISTORY

1959年、エンジニアだった創業者のカーステン・ソルハイムは、自宅のガレージでクラブ作りをスタートしました。
特に自身が苦手としていたパターの製作に没頭。名器と称えられる「1-A」パターが誕生し、
やがて彼が次々と生み出すクラブはプロプレーヤーの間でも評判となりました。

1967年に現在の母体となる「KARSTEN MANUFACTURING CORPORATION」を設立。
クラブメーカーとして創業以来変わらないモノ作りに対するこだわりで、
PINGは今も世界中のゴルファーにゴルフの楽しみを届け続けています。

1960s

● 第1号パター「1-A」を発表 ● 「ANSER」パターを発表
● 第1号アイアン「69」を発表 ● 「ANSER」アイアンを発表

● 第1号パター「1-A」を発表 ● 「ANSER」パターを発表 ● 第1号アイアン「69」を発表 ● 「ANSER」アイアンを発表

1970s

● 「EYE」アイアンを発表 ● カラーコード採用のアイアンを製造
● ロストワックス(鋳造)製法によるアイアンの本格的な量産を開始

● 「EYE」アイアンを発表 ● カラーコード採用のアイアンを製造 ● ロストワックス(鋳造)製法によるアイアンの本格的な量産を開始

1980s

● 歴史的名器「EYE2」誕生 ● 「EYE2」が空前の売り上げを記録
● E賞をレーガン大統領から受賞 ● ロストワックス製法が一般化

● 歴史的名器「EYE2」誕生 ● 「EYE2」が空前の売り上げを記録 ● E賞をレーガン大統領から受賞 ● ロストワックス製法が一般化

1990s

● 第1回ソルハイムカップ開催 ● 「TiSi」ドライバーを発表
● 溝規定をクリアした「EYE2プラス」を発表 ● 「ZING」アイアンを発表

● 第1回ソルハイムカップ開催 ● 「TiSi」ドライバーを発表 ● 溝規定をクリアした「EYE2プラス」を発表 ● 「ZING」アイアンを発表

2000s

● カーステン・ソルハイムがゴルフ殿堂入り
● ロレーナ・オチョア選手が世界ランク1位に
● アンヘル・カブレラ選手がマスターズ優勝

● カーステン・ソルハイムがゴルフ殿堂入り ● ロレーナ・オチョア選手が世界ランク1位に ● アンヘル・カブレラ選手がマスターズ優勝

2010s

● 創業60周年を迎える ● 鈴木愛選手がツアー賞金女王を2度獲得
渋野日向子選手が全英女子オープン優勝
● バッバ・ワトソン選手がマスターズを2度制覇
● ヘッドスピードを上げる画期的テクノロジーの「G」シリーズを発表

● 創業60周年を迎える ● 鈴木愛選手がツアー賞金女王を2度獲得 ● 渋野日向子選手が全英女子オープン優勝
● バッバ・ワトソン選手がマスターズを2度優勝 ● ヘッドスピードを上げる画期的テクノロジーの「G」シリーズを発表

このページをシェアする

twitter
facebook
youtube
instagram

このページのTOPに戻る