MENU

G425ドライバーってヘッド軽いの?

★みなさん、こんにちは。

ピンゴルフジャパン フィッティングスペシャリストの藤川です。

今日はドライバーの重さに関するテーマでお話したいと思います。

今記事のタイトル「G425ドライバーってヘッド軽いの?」というのは、試打会でよくお客様から聞かれる質問です。

軽量を謳っているクラブではありませんが、実際に打った方には軽く感じるというゴルファーが多数います。

なぜ軽く感じるのでしょうか?

個人の感覚に対することなので明確にお答えできるわけではありませんが、ヘッドの空気抵抗が少ないことは理由の一つだと考えられます。

新発売のG425ドライバーだけに限らず、ピンのドライバーには数年前からタービューレーターという突起がヘッド上部に取り付けられています。

これはレーシングカーやプロペラ機にも取り付けられているもので、高速で動く際の空気抵抗を低減してくれる効果があります。



このヘッドにかかる空気抵抗というのは、それよりはるか昔、まだドライバーが木製だった時代から研究が続けらています。

★一番の特徴はやはり慣性モーメントの高さにあります。

もしかするとこれもヘッドを軽く感じる要因の一つかもしれません。

慣性モーメントとは、動いている物体に何らかの力を加えられた時に、その物体の動きづらさを表したものです。

ストローク中のゴルフクラブがボールに当たった瞬間に、ヘッドにはボールが飛ぶ出す方向とは逆向きの力がかかっています。

この力によって芯を外れた当たりではヘッドがブレるのですが、慣性モーメントを最大化したことでG425はブレないドライバーとなっています。

芯を外してもブレないことで、ゴルファーは軽く感じているという可能性もあるでしょう。

芯を喰った当たりは軽く感じる、というのはどなたもご経験がありませんか。

スイング中に感じる重さは様々なものが影響しますので、カタログにある総重量だけで重いと決めつけずに、ぜひ一度試してみてください。

数字だけでは振り心地は分からないのです。

★大切なのはまず振ってみることです。

自分の使いやすいクラブの“数字”を知っておくことは大事ですが、それが全てではありません。

「総重量290グラム以下じゃないと振れない」「バランスD0じゃ軽すぎる」

よくお客様から聞く言葉です。

ヘッドが200グラム、シャフトが50グラム、グリップが40グラムで総重量290グラムというドライバーと
ヘッドが195グラム、シャフトが60グラム、グリップが35グラムで総重量290グラムとでは全く異なるクラブです。

上記の2本はバランスも近い数字になると思いますが、どちらを重たく感じるかは人によって異なるのではないでしょうか。

ヘッドの5グラムとシャフトの5グラムはイコールではありません。

もしG425MAXドライバーを打って重いと感じたのなら、まずシャフトを軽くするというのを試してみてください。

シャフトを軽くすることでパフォーマンスが落ちるということはありません。

影響があるとすれば、ボールが高く上がりすぎるようになって、結果として飛距離が落ちたということはあるかもしれません。

それならばロフトを立てるという調整も可能です。

こうしてひとつずつ原因を見つけて解決していくこともフィッティングです。

もしクラブに振りにくさを感じているのであれば、フィッティングを受けることから始めてみましょう。

2020/11/05 11:00

このページをシェアする

twitter
facebook
youtube
instagram

このページのTOPに戻る