MENU
大槻 智春選手 優勝!

プレーオフを制しツアー初優勝!

大槻智春選手が、国内男子ツアー「第85回 関西オープンゴルフ選手権 2019」の最終日に65でラウンドし、トータル19アンダーで突入したプレーオフを4ホール目で制してうれしいツアー初優勝を飾りました。

注目のギア① 思い切り振っても曲がらない!「G400MAX」ドライバー

最終日は、17番を終えてトップと1打差に迫っていた大槻選手。そして迎えた18番パー4のティーショットで「G400MAX」ドライバーを振り抜き、ボールはピンまで残り約20ヤードの花道に。そこから着実に寄せて見事バーディーを獲得し、プレーオフへ持ち込みました。

大槻選手:「このドライバーを使う理由は、構えた時の安心感。振っても曲がらないという信頼があります。だから今大会の18番のようなシチュエーションでもしっかり振れ、攻めることができました」

PING史上最も深低重心で最大MOIを
実現したG400MAX。

ブレないヘッドだから、ミスしても、飛ぶ!
叩いても、曲がらない!

ブレずに飛ばせる理由 1

思いっきり叩ける安定した高MOIヘッド

高比重のソールウェイトとタングステンウェイトをヘッド後方部に搭載。上下左右のMOIが安定したヘッドで、叩いても曲がらず飛ばせます。

究極の深低重心だから、楽に球が上がる!

極薄のドラゴンフライ・クラウン・テクノロジーにより、深く低い重心設計。低ロフトでも高打ち出し&低スピンを可能にします。

ブレずに飛ばせる理由 2

たわみ効果で初速を最大限生むFORGED T9S+フェース

PING独自の熱処理で生まれた高強度・極薄の新反発素材FORGED T9S+チタン。フェースのたわみ効果が、最大初速と飛距離を生み出します。

空気抵抗を抑えた振り切れる460ccヘッド

インパクト時の空気抵抗を極限まで抑えるタービュレーターを搭載。460ccの大型ヘッドでも、ヘッドが走り、安定して振り切れる形状です。

注目のギア② トップアスリート仕様。
PING史上初の鍛造マッスルバックアイアン「BLUEPRINT」

最終日、大槻選手のパーオン率はなんと100%。プレッシャーのかかる優勝争いの局面でも「BLUEPRINT」アイアンで思い通りのショットを次々と放ち、65のビッグスコアを叩き出しました。

この「BLUEPRINT」はトップアスリートの要望に応えるために開発された鍛造マッスルバックアイアン。海外ツアーでは、すでにルイ・ウェストへーゼン選手やミゲル・A・ヒメネス選手がこのアイアンを使って優勝を飾っています。日本での発売日は2019年8月8日。発売前に早くも大槻選手が高い性能を証明しました。

大槻選手:「ピンを攻めるには、低く高く、左右へと操りたく、それができるのがBLUEPRINT。こんなアイアンを待っていました。振りやすさ抜群で気に入っています」

優勝クラブセッティング

Driver: G400 MAX(9度/ロフト:-1度)
Crossover: G CROSSOVER(#3)
Iron: i500(#4-#5)
Iron: BLUEPRINT(#6-PW)
Wedge: GLIDE 2.0(50度)
Wedge: GLIDE FORGED(54度)
Putter: PLD ANSER2 Platinum(プロトタイプ)

  • G400 MAX ドライバー
  • G クロスオーバー
  • i500 アイアン
  • BLUEPRINT アイアン
  • GLIDE 2.0 ウェッジ
  • GLIDE FORGED ウェッジ
  • PLT ANSER2 パター

大槻智春選手 コメント

最後まで攻めたので疲労困憊ではありますが、来週からの試合に向けてさらに頑張ります。今年はアジアツアーにも参戦するので、そこでも優勝を目指します。応援よろしくお願いいたします。

プロフィール

1990年生まれ。茨城県出身。10年プロ転向。高校時代に関東ジュニアゴルフ選手権優勝。17年チャレンジツアー賞金王を獲得。18年よりPINGとクラブ契約を結ぶとともにツアーフル参戦。

選手詳細情報はこちら

同試合では、ガン・チャルングン選手が6位、永野竜太郎選手が7位タイの好成績でフィニッシュ。

PING契約選手の今後の活躍にぜひご注目ください。

このページをシェアする

twittertwitter
facebookfacebook
youtubeyoutube
instagraminstagram

このページのTOPに戻る