MENU
G425 Fairway Wood:2つの新テクノロジーで飛びがMAX
2020年9月18日発売

ムービー

G425 プロモーションムービー

G425 プロモーションムービーメイキング

G425シリーズでパー5の2オンにチャレンジ!

テクノロジー

2つの新テクノロジーを初搭載し、
これまでにない飛びを実現。

ソール後方部に
ウェイトを搭載し、
高MOIヘッドでブレない。

PING史上最大のたわみで、初速MAX

マレージングC300フェースの面積を拡大することで、約23%たわみが向上した新フェース構造へと進化。最大初速を生み出すことで、これまでにない高さとキャリーにより最大飛距離を実現。
(前作比/当社調べ)

フェース・ラップ・テクノロジー

極薄で高強度のマレージングC300フェースの面積をソールとクラウン部分まで拡大し、最大のたわみと初速を生み出す。

スピンシステンシー・テクノロジー

新バルジ&ロール設計により、ミスヒット時でも最大のキャリーと飛距離を生み出す。

ロフト/ライ角調整機能で、理想の打ち出し条件に

ロフトは±1.5度の範囲、ライ角はスタンダード/フラットの調整が可能。打ち出し条件を最適にすることで、最大飛距離へと導く。

ARCCOS(アーコス)センサー搭載の標準グリップ

ラウンド中のショットを自動で記録し、スマートにあなたのベストを生み出すARCCOSセンサー搭載グリップを標準装着。

G425 MAX フェアウェイウッド

さらにブレずに飛ばす
G425 MAX
フェアウェイウッド

Play Movie

さらにブレずに飛ばす
G425 MAX
フェアウェイウッド

極薄で高強度のマレージングC300フェースの面積をソールとクラウン部分まで拡大し、最大のたわみと初速を生む新フェース・ラップ・テクノロジーと、ミスヒット時でも最適な弾道で飛距離ロスを軽減する新スピンシステンシー・テクノロジーを初搭載。

この2つの新テクノロジーが、これまでにない高さとキャリーを生み出し、
最大の飛びを可能にする。

さらにブレずに飛ばす
G425 MAX フェアウェイウッド

高MOIだから、ブレない

ソールに高比重のウェイトを搭載し、さらなる深低重心設計へと進化
PINGフェアウェイウッド史上最大MOIを誇る、ブレないヘッドが誕生

G425 MAX フェアウェイウッド スペック

ヘッド素材FORGEDマレージング鋼C300(フェース) / 17-4ステンレススチール(ボディ)

基本スペック(左用もあり)

番手 #3 #5 #7 #9
ロフト角(度) 14.5 17.5 20.5 23.5
ヘッド体積(cc) 176 167 152 148
ライ角(度) 57.5 58 58.5 59
* 標準クラブ長(inch) 43 42.5 42 41.5
* 総重量(g)・バランス 約316・D1(#5・ALTA J CB SLATE・SR)

* カスタムフィッティングにより個々に調整いたします。

G425 LST フェアウェイウッド

強弾道と低スピンで飛ばす
G425 LST
フェアウェイウッド

強弾道と低スピンで飛ばす
G425 LST
フェアウェイウッド

前作よりスピン量が約200回転減少(当社調べ)した低スピン設計で
強弾道を生み出すLST。

最大のたわみと初速を生む新フェース・ラップ・テクノロジーと、
飛距離ロスを軽減する新スピンシステンシー・テクノロジーを初搭載。

この2つの新テクノロジーが、最適な高さとキャリーを生み出し、
最大の飛びを可能にする。

低スピンで飛ばす G425 LST
(ロー・スピン・テクノロジー)
フェアウェイウッド

強弾道で低スピンを生み出す重心設計

MAXよりも重心を約8%フェース寄りに配置することにより、強弾道と低スピンを生み出す

マットブラックのソールデザイン

ソールに艶消しのマットブラックを採用した上級者好みのシャープなヘッドデザイン

G425 LST フェアウェイウッド スペック

ヘッド素材FORGEDマレージング鋼C300(フェース) / 17-4ステンレススチール(ボディ)

基本スペック(左用もあり)

番手 #3
ロフト角(度) 14.5
ヘッド体積(cc) 165
ライ角(度) 57.5
* 標準クラブ長(inch) 43
* 総重量(g)・バランス 約319・D2(ALTA J CB SLATE・S)

* カスタムフィッティングにより個々に調整いたします。

G425 SFT フェアウェイウッド

ヒール寄りの重心設計で
つかまえて飛ばす
G425 SFT
フェアウェイウッド

ヒール寄りの重心設計で
つかまえて飛ばす
G425 SFT
フェアウェイウッド

ヒール寄り重心設計のStraight Flight Technology
(ストレート・フライト・テクノロジー)が右へのミスを軽減。

最大のたわみと初速を生む新フェース・ラップ・テクノロジーと、
飛距離ロスを軽減する新スピンシステンシー・テクノロジーを初搭載。

この2つの新テクノロジーが最適な高さとキャリーを生み出し、
最大の飛びを可能にする。

つかまえて飛ばす G425 SFT
(ストレート・フライト・テクノロジー) フェアウェイウッド

ヒール寄り重心設計でつかまる

右へのミスを軽減するために開発されたドロー設計ヘッド

深低重心の大型ヘッドだから、楽に上がる。ブレない。

MAXよりも約15ヤードつかまるドロー設計

G425 SFT フェアウェイウッド スペック

ヘッド素材FORGEDマレージング鋼C300(フェース) / 17-4ステンレススチール(ボディ)

基本スペック(左用もあり)

番手 #3 #5 #7
ロフト角(度) 16 19 22
ヘッド体積(cc) 189 178 168
ライ角(度) 58 58.5 59
* 標準クラブ長(inch) 43 42.5 42
* 総重量(g)・バランス 約312・D0(#5・ALTA J CB SLATE・R)

* カスタムフィッティングにより個々に調整いたします。

シャフト&オプション

3種フェアウェイウッド共通・標準シャフトスペック

▼ 左右スワイプで表の続きを表示します。

シャフト名 ALTA J CB SLATE PING TOUR
173-55
PING TOUR
173-65
PING TOUR
173-75
ALTA
DISTANZA
Speeder
EVOLUTION VII
TENSEI CK
Pro Orange
素材 カーボン カーボン カーボン カーボン カーボン カーボン カーボン
フレックス R SR S X SR S R S X R S X - 569S 60S
重量(g) 44 49 54 62 47 51 53 57 62 64 70 76 38 55.5 63.5
トルク(度) 5.4 5.0 4.5 3.5 3.8 3.7 4.3 3.4 3.2 3.3 2.9 2.8 5.9 4.8 3.5
キックポイント 中先 中元 手元 中元 手元 先中
  • ALTA J CB SLATE

  • PING TOUR 173-55

    ※2020年10月16日発売

  • PING TOUR 173-65

  • PING TOUR 173-75

  • ALTA DISTANZA

  • Speeder EVOLUTION VII

  • TENSEI CK Pro Orange

  • 本体価格:47,300円(税込)・・・ALTA J CB SLATE、PING TOUR 173-55、PING TOUR 173-65、 PING TOUR 173-75、ALTA DISTANZA
  • 本体価格:60,500円(税込)・・・Speeder EVOLUTION VII
  • 本体価格:63,800円(税込)・・・TENSEI CK Pro Orange

※ シャフトのスペック値は各メーカーの公表値です。
* カスタムフィッティングにより、個々に調整いたします。
※ ALTA DISTANZAシャフトの標準クラブ長は、+0.25インチとなります。
※ G400シリーズ以前のスリーブとの互換性はありませんのでご注意ください。
※ 一部商品は特注品となります。ご注文後、多少のお時間がかかることを予めご了承ください。
※ 表記の総重量・バランスは、あくまでも目安としての参考値になります。
● Assembled in Japan[カスタム・一部修理等:Assembled in USA]

● ヘッドカバー/標準グリップ/付属品

専用ヘッドカバー
ARCCOS GP360 LITE TOUR VELVET ROUND
(バックラインなし)

※ 標準グリップの太さはAQUAとなります。

専用レンチ
ロフト・ライ角調整機能で弾道を最適化。ロフトは±1度、±1.5度、ライ角はスタンダード/フラットの調整が可能。

OTHER LINEUP

i210 i500 g710 GLIDE 3.0 HEPPLER SIGMA 2 Vault2.0 G Le2

このページをシェアする

twitter
facebook
youtube
instagram

このページのTOPに戻る