MENU

4つのタイプから
自分に合うソールを選べば結果が変わる!
GLIDE 4.0 ウェッジあなたはどのソールで「滑らせ(GLIDE)グライドる?

ソールの選び方を見極めよう

スピン性能抜群のヘッドや自分にピッタリのシャフトー。選び抜いたウェッジを購入したつもりなのに
ダフリやザックリ、トップばかりで全然上手く打てない…。

そんな方に質問です。ソールタイプはしっかりと選びましたか?
「GLIDE4.0」ウェッジはゴルファーのスイングタイプに応じた4タイプのソールをラインナップ。
自分に最適なソールを選べば結果は必ず変わります!

GLIDE(グライド)の
意味って知ってる?
GLIDE=滑るように動く

  • インパクト直前
  • インパクト
  • インパクト後
    GLIDE

GLIDEシリーズは「4.0」で4代目。初代GLIDEウェッジから一貫しているのが、製品名にもなっている"滑るように動く"という開発コンセプトだ。

「GLIDE4.0」ウェッジの"滑る"ソールの4タイプは、それぞれどのようなスイングタイプのゴルファーに適しているのかをチェックしよう!

製品情報はコチラ!

入射角 の傾向で
ソールを選べば
より良い結果へと
つながる

最もソール幅が広く、ダフリ防止に効果的

Wグラインド

Wグラインドの"W"は「ワイド」を意味する。その名の通り、ソール幅が広くなっているモデル。

入射角が急なスイングタイプでも、リーディングエッジから地面に深く刺さる前にワイド形状のソールが接地して滑ってくれるため、ダフリやザックリのミスなどを軽減できる。

どんなグラウンド状態でソール性能を発揮する?

バンカーを含めた柔らかい地面でも、ヘッドが潜り込みすぎずにソールが滑るのでやさしく打てる。
また、ソールが滑ってくれる分、チャックリなどのミスにも対応できる。

ダフリ
ボールの手前でヘッドが地面に接地してしまい理想の飛距離が出ないこと
ザックリ
ダフリよりもさらに手前の地面にヘッドが接地してしまうこと
チャックリ
ザックリよりもさらに手前の地面にヘッドが接地してしまうこと(グリーン周りで多いミス)

あらゆるライから対応可能

Sグラインド

Sグラインドの"S"は「スタンダード」を意味する。ロフトバリエーションも他のソールタイプよりも多くラインナップされている。入射角が急すぎず浅すぎず、というスイングタイプにオススメ。

適度なソール幅であることから、フェースの構えを閉じていても開いていても、ソールの恩恵を感じることができる万能ウェッジ。

どんなグラウンド状態でソール性能を発揮する?

あらゆるライから打てるオールマイティなタイプ。深いラフや薄芝などからでも打てるのはもちろん、打ち手を選ばないソール形状のためフェースを閉じた低い球や、フェースを開いた高い球といった打ち分けもできる。

グリーン周りからの多彩なショットに最適

Tグラインド

Tグラインドの"T"は「シン」=「Thin(薄い)」を意味する。入射角が浅かったり、インパクトですくい打ちの傾向がありトップしがちな方にオススメ。

また、構えた際のフェースの開閉によって、ソール幅の増減がプレーヤー自身で調整できることもメリット。

どんなグラウンド状態でソール性能を発揮する?

ソール幅を狭めることで、ベアグラウンド(土がむき出しになっている箇所)や薄い芝などの難しいライからでも球を的確に拾うことができる。また、固い地面やバンカーのようにソールが跳ね返ってしまうようなシチュエーションでもミスを軽減しやすい。

バンカーから楽に脱出可能

EYE 2グラインド

「EYE 2」は1982年に発売したアイアンセットの名称から受け継がれているモデルで、PING独自の"スクープソール"という特徴的な形状がトレードマーク。

この形状は特にバンカーが苦手な方のために開発されている。砂にヘッドが入る時にはバウンスが少な目になり潜りやすく、インパクトをむかえるにあたりバウンスが大きくなるため、多少ボールの手前からヘッドが入ってもソールが滑ってくれてバンカーから楽に脱出できる。

どんなグラウンド状態でソール性能を発揮する?

固いバンカー、柔らかいバンカーどちらでもスクープソール効果によって楽に脱出できる。バンカーに苦手意識がある方、1打で脱出したい方に最適。

自分の入射角なんて分からないからどのソールを選べばいいのか…。
そんな方にはPINGフィッティングがおすすめ!

PINGフィッティングでは、ソールタイプはもちろん、ライ角、クラブの長さ、シャフトの種類、グリップの太さなどをフィッターの診断により最適なスペックで選ぶことができる。フィッティングで自分だけの1本を見つけよう!

最適なライ角×ソールでもっとピンを狙える

自分に合うソールタイプを選ぶことに加え、ライ角を合わせることで方向性が安定してさらにピンを狙える! 現在、試打会やPING取り扱い店舗、PING公式クラブレンタルサービスで、ライ角の異なる3種の「GLIDE4.0」ウェッジの試打が体験可能。自分に合う[ライ角]x[ソール]を見つけて結果を変えよう!

ライ角試打キャンペーンも実施中!

公式クラブレンタルはこちら

世界のツアーで活躍する
PING契約選手たちの
「GLIDE4.0」ウェッジ
ソールタイプ
チェックしてみよう!

どのような芝、ライからでも対応可能なSグラインドを使用している選手が多い。フィッティングの結果を受け、ロフトによってWグラインドやTグラインドを組み合わせているケースも。世界の舞台で活躍する選手たちが、自分の理想の球を打つためにグラウンド状況に応じてソールタイプを使い分けていることが分かる。

皆さんもPINGフィッティングで自分に合う最適なソールタイプを見つけてピンにピタッと決めよう!

JGTOツアー

※選手名から詳細情報にリンクします。

JLPGAツアー

※選手名から詳細情報にリンクします。

PGAツアー

  • バッバ・ワトソン
    52S/56S
  • キャメロン・チャンプ
    52S/56S/60W
  • コーリー・コナーズ
    50S/56S
  • トニー・フィナウ
    50S/56S
  • ルイ・ウーストハイゼン
    50S/54S/60T
  • サヒス・ティーガラ
    50S/54S/58T
海外ツアーの選手情報はこちら
※英語サイトにリンクします。

LPGAツアー

  • チョン・インジ
    50S
  • カリス・デビッドソン
    50S/54S
  • アリー・ユーイング
    52S/58S
  • レオナ・マグワイア
    56S
  • リゼット・サラス
    50S/54S/58S
  • アンジェラ・スタンフォード
    52S/56S/60S
海外ツアーの選手情報はこちら
※英語サイトにリンクします。
※2022年4月時点のクラブ情報です。

GLIDE4.0 ウェッジのソールを体験してみよう!

GLIDE4.0 ウェッジ

全国の店舗で見てみよう!

「GLIDE4.0」ウェッジを試打できる全国の店舗を紹介!
お近くの店舗を探してみよう!

GLIDE4.0 ウェッジ

試打会で打ってみよう!

「GLIDE4.0」ウェッジはもちろん、
多くのPINGクラブを試打できるチャンス!

GLIDE4.0 ウェッジ

レンタルで試してみよう!

公式レンタルサービスで好評レンタル中!
コースや練習場で性能や使い心地を
実際に体感してみよう!

製品情報はコチラ!

このページをシェアする

このページのTOPに戻る