MENU

シャープなヘッドでブレずに狙える心地良い打感&やさしさにこだわった GLIDE 4.0 ウェッジ秘密

比嘉真美子選手の試打インプレッションも紹介!
ミスに強いヘッドで結果が変わる

心地良い打感と打音、そしてスコアを求める上でミスショットがミスにならない寛容性。
これらの要素をプレーの中で確実に感じ取れるのがGLIDE 4.0ウェッジだ。

良質な打感や打音はどのように生み出されるのか?シャープなヘッドながらなぜ寛容性が高いのか?
新構造の採用により進化を遂げたテクノロジーをくわしく解説する。

進化の鍵は
「エラストマーCTP」

インパクト時の振動を極限まで抑える
「エラストマーCTP」

「GLIDE4.0」ウェッジのヘッドは[8620カーボンスチール]を初採用。この素材は耐久性や摩耗性に優れ、打感の良さを生み出すことにも貢献している。

そして構造パーツとして配置している[エラストマーCTP]が、開発を経てより進化したことが、打感、打音、寛容性の向上に大きくつながっている。ちなみに、CTPとは"カスタマー・チューニング・ピット"の略で、振動の吸収やウェイトの適切な調整に作用する。

製品情報はコチラ!

形状の進化で
心地良い打感、
打音を実現

ウェッジでは主にフルショットや、ラフに浮いた状態でのショットにおいて打点がブレると、違和感のある打感や打音が生じて、距離のコントロールがイメージしにくくなってしまう。

GLIDEウェッジは前作でもエラストマーCTPを採用していたが、形状を改良したことによりフェースとの接地面積が約36%拡大(※当社調べ)。さらに打点がブレた際でも心地良い打感や打音を生むよう最適な箇所に配置設計されている。

GLIDE4.0 ウェッジ
GLIDE3.0 ウェッジ

ひとまわりサイズが大きくなったエラストマーCTP。打点がブレても心地良い打感、打音を生み出す

GLIDE4.0 ウェッジ
接地面積
GLIDE3.0 ウェッジ
接地面積

フェースとの
接地面積を拡大

「エラストマーCTP」の接地面積拡大により、
打点がブレても
心地良い打感、打音を失わずにピンを狙える!

軽量化で最大限の寛容性を実現

ウェッジにおいて、寛容性(やさしさ)の高さはヘッドサイズによる恩恵が大きいが、「GLIDE4.0」ウェッジはシャープなヘッド形状を保ちながらも最大の寛容性を実現している。

これは、エラストマーCTPの軽量化により、余分な重量をヘッドの周辺に配置する"重量周辺配分設計"がブラッシュアップされたことが理由。芯を外したミスヒット時でも、打球がブレない寛容性を持ち合わせたヘッドとなった。

より進化したヘッドの重量周辺配分設計によって
ミスに強く、やさしくピンを狙える!

比嘉真美子選手のインプレ
イメージが出やすい打感と打音!

ツアーで
投入中!
使用スペック
54度SS/60度SS
(ライ角:レッド)
比嘉 真美子選手選手詳細情報はこちら

しっかりとした打感の中にボールを押せるやわらかい感覚もあって、やさしく打つことができますね。

また、短い距離のアプローチでもしっかりと打感、打音を感じることができるので、イメージがとても出しやすいと感じています。

ライ角違いの GLIDE 4.0 ウェッジ を試打して、を試打して、自分に合う
自分に合う最適なライ角を探そう!

豪華賞品が当たるライ角試打キャンペーン実施中!

GLIDE4.0 ウェッジの打感、寛容性を体験してみよう!

GLIDE4.0 ウェッジ

全国の店舗で見てみよう!

「GLIDE4.0」ウェッジを試打できる全国の店舗を紹介!
お近くの店舗を探してみよう!

GLIDE4.0 ウェッジ

試打会で打ってみよう!

「GLIDE4.0」ウェッジはもちろん、
多くのPINGクラブを試打できるチャンス!

GLIDE4.0 ウェッジ

レンタルで試してみよう!

公式レンタルサービスで好評レンタル中!
コースや練習場で性能や使い心地を
実際に体感してみよう!

製品情報はコチラ!

このページをシェアする

このページのTOPに戻る