MENU

小野寺誠プロのお悩み解決レッスン

撮影:田中宏幸 協力コース:メイフラワーゴルフクラブ

ゴルファーが日頃感じている"お悩み"を、小野寺誠プロが分かりやすいレッスンで解決!
第3回は、いよいよこれまでのレッスンを生かした「応用編」をお届けします。
テーマは高さや左右への打ち分け方について。
狙った弾道で飛ばしてスコアアップを目指しましょう!PLAY YOUR BEST!

撮影:田中宏幸 協力コース:メイフラワーゴルフクラブゴルファーが日頃感じている"お悩み"を、小野寺誠プロが分かりやすいレッスンで解決!
第3回は、いよいよこれまでのレッスンを生かした「応用編」をお届けします。
小野寺プロによると、インパクトを理解することで、高さや左右への打ち分けがしっかりできるようになるとのこと。
狙った弾道で飛ばしてスコアアップを目指しましょう!PLAY YOUR BEST!

無理にスイングを変えずとも、弾道の高さや方向を打ち分けることは可能です。
次に解説するポイントを参考に実践してみましょう!

アドレス&インパクト弾道別チャート

ボールの高さ インパクトロフト クラブと腕の関係 ボール位置(通常から)
高い 多い 大文字の「Y」 1個分左
低い 少ない 小文字の「y」 1個分右

高いボールを打つ(高弾道ショット)

基本的に、ボールはインパクトロフトが多くなれば上がります。アドレスを作ってから、ボールを通常の位置から左に1個分(右打ちの場合)動かしてみましょう。手元の位置を変えずに、そのボール位置にクラブを合わせると、クラブと腕で大文字の「Y」ができるはず。この「Y」をキープしたままスイングすると、手元よりもヘッドが先行したインパクトとなり、普段よりも高いボールを打つことができるのです。

クラブと腕で大文字の「Y」を作りましょう。

onodera's CHECK POINT

  • ・クラブと腕で大文字の「Y」を作る
  • 大文字の「Y」をキープしたままスイングする
  • 左手甲側にできた角度をキープしたままインパクトする

低いボールを打つ(低弾道ショット)

高いボールを打つ時とは逆に、インパクトロフトが立っているとボールは低くなります。第2回レッスンのインパクトドリルを参考にして、ハンドファーストのインパクトを意識してください。そのためには、アドレスを作ってから、ボールを通常の位置から右に1個分(右打ちの場合)動かしてみましょう。手元の位置を変えずに、そのボール位置にクラブを合わせると、クラブと腕で小文字の「y」ができるはずです。この「y」をキープしたままスイングしましょう。

クラブと腕で小文字の「y」を作りましょう。
ハンドファーストのインパクトを意識!

onodera's CHECK POINT

  • ・クラブと腕で小文字の「y」を作る
  • 小文字の「y」をキープしたままスイングする
  • 右手甲側にできた角度を残したままハンドファーストのインパクトをする

アドレス&インパクト弾道別チャート

ボールの高さ インパクトロフト クラブと腕の関係 ボール位置(通常から)
高い 多い 大文字の「Y」 1個分左
低い 少ない 小文字の「y」 1個分右

左に飛ばす

ボールを左に飛ばすコツを伝授!特に狙った方向よりも右に飛んでしまうという方は、ぜひこの方法で方向性を改善してみましょう。

フェースを閉じて打ってみましょう

通常のセットアップから、フェースを10〜15度くらい左に向けてショットしてみましょう。 ボールが左に打ち出され、フック回転しても問題ありません。

フェースを反時計回りにしてから通常のグリップをしてください。写真のようにグリップを右サイドに動かしたりして、フェースをかぶせるのはNGです!

フックボールを打つ 応用編

ボールを左に飛ばす応用として、フックボールを打ってみましょう。上の解説のように、フェースをターゲットラインよりも左に向けインサイドアウトにスイング。スライスの矯正にも役立ちますよ。

onodera's CHECK POINT

  • ・フェースをターゲットラインよりも左に向ける
  • ・スイングはインサイドアウト
  • ・スイング中は左つま先に体重をかけて、体の開きを抑える

右に飛ばす

右にボールを飛ばすには、左に飛ばす方法の逆を行えばOK。フッカーはこのレッスンを参考に、方向性を改善してみましょう。

フェースを開いて打ってみましょう

通常のセットアップから、フェースを10〜15度くらい右に向けてショットしてみましょう。
ボールが右に打ち出され、スライス回転しても問題ありません。

フェースを時計回りにしてから通常のグリップをしてください。写真のようにグリップを左サイドに動かしたりして、フェースを開くのはNGです!

スライスボールを打つ 応用編

ボールを右に曲げる応用として、スライスボールを打ってみましょう。上の解説のように、フェースをターゲットラインよりも右に向けアウトサイドインにスイング。トップから右肩を一気に左つま先方向に回すことを心がけましょう。

onodera's CHECK POINT

  • ・フェースをターゲットラインよりも右に向ける
  • ・スイングはアウトサイドイン
  • ・トップから右肩(右半身)を一気につま先方向に回し、左足一本で立てるフィニッシュをする
  • 左肘は引かずに通常のスイングをする

PING IRON SERIES

小野寺誠プロ

解説:小野寺誠プロ

1970年8月17日生まれ。6歳からゴルフを始め、1996年にプロテスト合格。アメリカ留学で最新のゴルフ理論を学んだ他、ツアープロのコーチを担当。現在は多数のメディア出演をこなす傍、男女問わずアマチュアを中心に精力的な指導を行っている。

Vol.1「正しいアドレスと体の使い方」はこちら
Vol.2「2つのエネルギーを理解して効率よく飛ばそう!」はこちら
twitter
facebook
youtube
instagram

このページのTOPに戻る