MENU
2016 製品情報TOPに戻る
あなたはこのアイアンに選ばれるだろうか あなたはこのアイアンに選ばれるだろうか

プロをも唸らせる打感とルックス
隠された部分に優しさを凝縮
プレーヤー志向の極上アイアン

S55アイアンの後継モデルとして、最先端ブレード型アイアンが登場。ツアープロが信頼する洗練された薄いトップラインにストレートなネック形状。ソフトな431ステンレススチールをフェースに採用したディープキャビティ設計。ルックスとは相反するやさしさが凝縮された極上アイアンが完成しました。

2016年9月発売

試打会スケジュール

PRODUCT VIDEO

PRODUCT OVERVIEW

TECHNOLOGY

前作比約1.6倍の面積のラージ・エラストマーCTPは、大きいだけでなく、従来より柔らかく設計することで、ミスヒット時においても余分な振動を抑え、これまでにない心地よい打感を生み出します。同時に、キャビティー部分も大きくなり、この余剰重量を周辺に配分した寛容性の高い設計になります。

トゥ側には、前作比で約20%高比重のタングステンを搭載し、ミスヒット時においても飛距離ロスと左右のブレを抑えます。前作比で約5%上下に高く、約4%左右に高い高MOI設計。飛距離性能とコントロール性能を追求した次世代ブレードの誕生です。

3番~7番においては、リーディングエッジが前作より高く、丸みを帯びたことでソールの操作性が向上。バウンスが前作より増えることで、ヒール側の抜けの良さも加わり、あらゆるライから対応可能なソール形状となり、ピンをデッドに狙えます。

フェースには高精度の削り出し431ステンレススチールを採用し、フェースの軽量化に成功。同時に、従来の17-4ステンレススチールより約20%柔らかい素材となり、心地よい打感を生み出します。また、フェースは前作比で約50%の薄さとなり、初速と最高到達点が上がることで、高弾道ながらアゲインストでも飛距離が落ちることのない、弾道を実現しました。

SPEC

▼ 左右にスワイプで表の続きを表示できます。

番手 3I 4I 5I 6I 7I 8I 9I PW
ヘッド素材 431ステンレススチール/タングステン
*ロフト角(度) 20 23.5 27 30.5 34 38 42 46
*ライ角(度) 59 59.8 60.5 61.3 62 62.8 63.5 64.1
バウンス角(度) 4 5 6 7 8 9 10.5 12
*標準クラブ長(inch) 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.5
総重量(g)・バランス 約411・D1(#7・N.S.PRO MODUS3 TOUR 105・S) / 約419・D2(#7・N.S.PRO MODUS3 TOUR 120・S)

本体価格:21,000円(税抜)・・・ スチール(DG EX TOUR ISSUE以外) 23,000円(税抜)・・・ DG EX TOUR ISSUE
本体価格:24,000円(税抜)・・・ カーボン

  • *カスタムフィッテイングにより、個々に調整いたします。
  • ※上記ライ角は、スタンダード(ブラック)のものです。ライ角はシルバーからゴールドの範囲で調整可能です。
  • ※標準グリップの太さはAQUAとなります。
  • ※一部商品は特注品となります。ご注文後、多少のお時間がかかることを、予めご了承ください。
  • ※表記の総重量・バランスは、あくまでも目安としての参考値になります。
  • ●Assembled in Japan[ カスタム・一部修理等:Assembled in USA ]
  • ※装着可能シャフトの詳細はカタログページをご参照ください。

▼ 左右にスワイプで表の続きを表示できます。

シャフト名 N.S.PRO 950GH neo N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 DG EX TOUR ISSUE
素材 スチール スチール スチール スチール
フレックス R S R S X S X S200 X100
重量(g) 94.5 98 103 106.5 112 114 120 131 132
トルク(度) 1.9 1.7 1.9 1.7 1.6 1.7 1.6 - -
キックポイント 中・元
  • ※シャフトのスペック値は各メーカーの公表値です。

 

  • N.S.PRO 950 GH neo
    N.S.PRO 950 GH neo
  • MODUS3 TOUR 105
    MODUS3 TOUR 105
  • MODUS3 TOUR 120
    MODUS3 TOUR 120
  • DG EX TOUR ISSUE
    DG EX TOUR ISSUE

PING IRON SERIES

試打会スケジュール
twittertwitter
facebookfacebook
youtubeyoutube
instagraminstagram

このページのTOPに戻る