MENU

CEOコラム 第13回:パターフィッティングでスコアアップ

一覧に戻る
一覧に戻る

多くのゴルファーが「フィッティング」という言葉を聞いたことがあるかと思います。しかし、「”パター”フィッティング」はまだよく知られていないのが実状かもしれません。スコアに直結するパターフィッティングの重要性は言うまでもありません。つまり、スコアアップにはパターフィッティングが不可欠です。今回はパターフィッティングの効果について説明してまいります。

自分に合っていないパターを使用するという事は、間違ったパターを使用しているという事と同じ。

クラブフィッティングやパターフィッティングの効果について疑問視する方に会う事があります。ドライバーのようにフルスイングするクラブでは、より遠くに真っ直ぐ飛ぶ事が効果として現れるので期待も高くなりますが、短い距離を打つパターについては、どれだけパターフィッティングして効果があるのかを軽視する傾向にあるようです。私は、パターフィッティングで目に見える効果が表れた方を多く見てきました。シャフト長やライ角やロフトの調整以上に、パフォーマンスに直結しているのが実証されています。

PINGではフィッティングのパイオニアとして長年ゴルファーがパターフィッティングをする事で得られる効果というのを分析してきました。しかしながら、95%以上のゴルファーがパターフィッティングを受けた事が無いというのが現状です。そこで、パターフィッティングの重要性を広める為に、MyGolfSpy.comに協力してもらい、PINGでテストを行いました。結果、フィッティングしないで、自分に合っていないパターを使用するという事は、間違ったパターを使用しているという事と同じだという事が判明しました。

パターフィッティングのテスト結果

20人のアマチュアゴルファーに参加いただき米国PING本社にてパターフィッティングのテストを実施しました。各アマチュアゴルファーに対してパターフィッティングをPINGフィッターが行い、ストロークタイプ、シャフト長、ロフト、ライ角、ヘッド重量の最適なモデルをフィッティングしました。このパターフィッティングを行った事によって、よりグリーン上でカップインする確率が上がったということは言うまでもありません。約7.6mから打ったロングパットの再現性について調べたところ、フィッティングしたパターの方が再現性が25%以上高い事が分かりました。ロングパットが寄るだけでは無く、ミスしてもロングパットがカップに近づく事で、3パットが大幅に減る事でしょう。

パター上達に重要な要素の、ストロークタイプの再現性については、iPINGパターアプリを使用して計測しました。テストの結果、ストロークタイプに最適なバランスのパターを使用することで、再現性が高くなる事が分かっています。MyGolfSpy.comとのテストにおいては、20人中4人しか自分のストロークタイプに合うパターを使用していないのが判明しました。
パターフィッティングをして、ストロークタイプに合ったPINGのパターを使用したらどのようになったか?iPINGのパターハンディキャップ(再現性)がHC8.1(フィッティングしていないパター)からHC4.3になり、再現性が高まりました。PINGのパターに搭載されているTR溝も、再現性に直結している要素の一つです。インサートの溝の深さがフェース中心部と周辺部で異なる事から、初速が約50%も通常のパターより安定する事が弊社のテスト結果で分かっています。

そして、ゴルファーが自信を持って使っているエースパターが実は合っていないという事がよくあります。テストでは、約55%のゴルファーがフェースバランス(ストレートタイプ)のパターを使用していました。しかし、パターフィッティングを行いパターストロークタイプを調べると、15%のゴルファーしかストレートタイプのストロークでは無い事が判明しました。

テンポ・フィッティング

iPINGで計測する要素の中に、「テンポ」というパッティングに重要な項目があります。パターヘッド重量が、ストロークテンポやリズムに大きく影響を及ぼします。MyGolfSpy.com協力のもとに、プレーヤーテストを行った結果、64%のゴルファーが自分に合ったヘッド重量を使用する事でテンポが安定する事が分かりました。

パターにおいて、テンポとはバックスイングとダウンスイングの対比の時間を表しています。例えば、バックスイングが約2秒で、ダウンスイングが約1秒の場合、テンポが2.0となります。どのテンポが良いというのは無く、早いテンポでもパッティングの再現性が高ければ問題ありません。

パターフィッティングは、フィッティングして約15ヤードフェアウェイのど真ん中に飛ぶようになったドライバーと比べると即効性の満足度は無いかもしれませんが、パターフィッティングの結果はスコアに確実に繋がります。パターの再現性が高ければ、カップインの確率が上がるからです。例えば、パターフィッティングを行ったパターを使用したとしたら、ラウンドでも最低1打は縮まる事が可能となり、80打か79打かの違いとなります。繰り返しとなりますが、パターフィッティングはスコアアップに繋がるのでゴルファーにとって重要です。近隣のPINGフィッティング店舗にて、パターフィッティングをお試しいただき、パッティングが改善することによって、より楽しいゴルフライフとなることを願っています。

関連リンク

このページのTOPに戻る