MENU

PING トリビア!

ゴールドパター編

1959年に創業者のカーステン・ソルハイムにより設立されたPING。その⻑い歴史の中には、数々の出来事がありました。PINGトリビア!では知られざるPINGに関するトピックスをクイズ形式でご紹介!今回はゴールドパター編 Part2です。

男子選手での最多勝利モデルは何でしょうか?

  • ANSER
  • ZING
  • B60

女子選手での最多勝利モデルは何でしょうか?

  • ANSER
  • ZING
  • B60

答えと解説

Q1の答え
ANSER
Q2の答え
B60

解説

43才で初めてゴルフをしたと言われる創業者カーステン・ソルハイム。当時主流だったいわゆる『L字型パター』や『T字型パター』はミスヒットに弱く難し過ぎました。そこで、生粋のエンジニアだったカーステンが、「ミスヒットに強いパターを作ろうとして生まれたのが1959年に作られた「1-A」パターでした。ヘッドのトゥとヒールに重量を配分することで、スイートエリアを大きくしたのです。

PINGのパターとして1969年に初めてメジャーを制した「ANSER」

そして1966年には名機「ANSER」パターを発表。周辺重量配分でミスに強いだけでなくしっかりと転がり、PING独自のクランクネックによりゴルファーの手がボールの前に来るように設計されており方向性が出しやすくなっています。1969年、マスターズで勝利を飾ると、当時のツアープロたちに絶大な人気を誇るようになります。発売から50年経った今でもトッププロやアマチュアから愛され続けており、男子選手の最多勝利モデルとなっています。


最近ではこのモデルを使用して、ルイ・ウェストヘーゼンが2010年の全英オープンで勝利。さらには、2012年、2014年にはバッバ・ワトソンがマスターズを制しました。
この長年ゴルフ界の歴史を作ってきた「ANSER」は少しずつ形の変更を行っております。現在発売中のモデルはPING独自の最新テクノロジーを搭載しており、よりストロークがしやすくミスを最小限に抑えてくれます。アマチュアゴルファーの3パットの撲滅に寄与するために、「ミスヒットに強いパター」は誕生後半世紀を経た今も進化を続けているのです。

ルイ・ウーストヘーゼンは「ANSER」で2010年の全英オープンを制覇

なお、女子の選手で人気が高かったB60はセミマレット形状でミスに強いだけでなく、丸みを帯びた美しい形状でLPGAツアーの名選手を魅了した一本でした。
2016年9月9日、トーナメント優勝者のゴールドパターが保管されている「GOLD PUTTER VAULT」の名を冠した「VAULT PUTTER(ヴォルトパター)」が登場しました。最高品質の削りだしパターですでに多くのプロが使用中。
発売直後となる2016年9月11日、国内メジャーの「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」でこの「VAULT PUTTER」がワンツーフィニッシュ。半世紀以上の輝かしい歴史を持つPINGパターに、新たな伝説が生まれようとしています。

日本女子プロゴルフ選手権優勝 鈴木愛選手使用パター
PING VAULT アンサー 2
(プラチナム仕上げ)

(鈴木愛選手コメント)
「見た目のきれいさと何と言っても打感の良さでスイッチしました。使い始めてから TOP10、優勝争いにも入り込め、調子を上げてきました。今回もそんな良さが、自分のゴルフにぴったり合いましたね」

日本女子プロゴルフ選手権2位タイ 大山志保選手使用パター
PING VAULT オスロ
(スレート仕上げ)

(大山志保選手コメント)
「とにかく打った時の音がすごく良いんです。このパターは直進性が高いので、ショートパットでの安定感が抜群でとても気にいってます。」

ゴールドパターとは?

ゴールドパターとは?

世界中のツアーで、PINGのパターを使用して優勝した選手には、契約を問わず優勝時に使用したパターと同モデルのゴールドパターを2本製作。 1本は優勝者に、もう1本は米・フェニックスにあるPING本社の「GOLD PUTTER VAULT」と呼ばれる倉庫に保管されます。
PING創業者カーステン・ソルハイム氏の「トーナメントの優勝者に対し記念に残るプレゼントを贈りたい」という感謝の気持ちから、1960年代に始まりました。

 

このページのTOPに戻る