MENU

PING トリビア!

ゴールドパター編

1959年に創業者カーステン・ソルハイムにより設立されたPING。その⻑い歴史の中には、数々の出来事がありました。PINGトリビア!では知られざるPINGに関するトピックスをクイズ形式で紹介!今回のテーマはゴールドパターです。

ゴールドパターとは?

ゴールドパターとは?

世界各地のツアーを対象に、PINGのパターを使用した選手が優勝すると、契約を問わず優勝時のパターと同モデルのゴールドパターが2本製作されます。1本は優勝者に贈呈され、もう1本は米・アリゾナ州フェニックスにあるPING本社の「GOLD PUTTER VAULT(ヴォルト=貯蔵庫)」と呼ばれる倉庫に保管されます。

この慣習は、創業者カーステン・ソルハイムの「トーナメントの優勝者に対し記念に残るプレゼントを贈りたい」という感謝の気持ちから、1960年代に始まりました。

1960年代から現在(2016年8月時点)までにどのくらいのゴールドパターがプロに贈られたでしょうか?

  • 約1,400本
  • 約2,100本
  • 約2,800本

4大メジャーにおいては、現在(2016年8月時点)までに何本のゴールドパターが作られたでしょうか?

  • 18本
  • 38本
  • 58本

答えと解説

Q1の答え
約2,800本
Q2の答え
58本

解説

1960年代から現在までの50年以上の間には、2,800本超のゴールドパターが作成されました。つまり、約半世紀の間にPINGのパターがトーナメントで2,800回以上優勝していることになります。

世界の4大メジャーだけでも58勝を記録(2016年8月時点)。その中には世界ゴルフ殿堂入りを果たしている著名プロも数多く含まれています。近年では2012年、2014年に「マスターズ」を制したバッバ・ワトソン選手がゴールドパターを手にしています。

バッバ・ワトソン選手のマスターズ優勝を記念したゴールドパター

2012年の「マスターズ」では、バッバ・ワトソン選手と同じPING契約のルイ・ウェストヘーゼン選手がプレーオフにもつれ込む優勝争いを展開し、オーガスタのパトロンを熱狂させました。この歴史的な死闘に敬意を払い、優勝を引き寄せたバッバ選手のプレーオフでのウェッジと、ルイ選手がイーグルを奪った際に使用したアイアンにもゴールドパターならぬゴールドウェッジとゴールドアイアンが作成され「GOLD PUTTER VAULT」に保管されました。

また、ゴールドパターは数多くの日本人選手にも贈られています。契約選手としての第1号は、2011年10月の「マスターズGCレディース」を制した大山志保選手。その後、塚田好宣選手、一ノ瀬優希選手、前田陽子選手、鈴木愛選手など、多くのプロが国内ツアーで優勝し、ゴールドパター保持者となりました。

1988年にはPINGパターが年間グランドスラムを達成
1988年にはPINGパターが年間グランドスラムを達成

 

このページをシェアする

twittertwitter
facebookfacebook
youtubeyoutube
instagraminstagram

このページのTOPに戻る