MENU

第5回
狙い通りに打つために必要なのは、目印(スパット)とルーティーン

打ち出し方向の目印(スパット)はアドレス時の視界の中で設定し、インパクトからフォローで頭が動かないようにしよう

 ライン上の途中の通過点に目印(スパット)を見つけて狙って打つことは非常に良いことですが、1点だけ気をつけなくてはいけないことがあります。アドレス時の視界の中に目印(スパット)を設定することです。

 杉村さんも目印(スパット)を設定して打ってましたが、その位置はボールから3メートル位先でした。アドレス時の視界には入らない位置に目印(スパット)を設定すると、どうしてもインパクトからフォローにかけて目印(スパット)の位置が気になり、目線が動くことで頭も動いてしまいます。頭が動くとストロークが不安定になり、狙い通りに打てなくなるのです。

目印(スパット)が遠いと、インパクトからはフォローにかけて目線が動き頭も動いてしまう

アドレス時の視界の中に目印(スパット)が設定すれば、インパクトからフォローにかけて頭は動かない

打ち急がないように自分なりのルーティーンを。そして入ると信じてパッティングをすることが大事

 パッティングの際、絶対に注意して欲しいことがあります。それは急がないこと。そのためには動作を常に一定にすることが重要になります。いわゆるルーティーンを必ず守ることが大切なのですが、1つの例を紹介します。

 まずラインを見て、狙う方向を決めます。そこに対してアドレスに入りセットアップをしてグリップします。1回目標方向を見て、顔を戻してからパッティングを行います。

 このルーティーンだけはラウンド中に変えないことが大事です。何かしら自分で手順を作って安定させるようにしてください。

 人間はイメージしたことしかできません。構えた瞬間に入らない気がすると思った瞬間に、体が入らないように動いてしまいます。一方で入ると思えば、入るような体の動き方をします。

 ですからアドレスに入ったら自分が構えたこのイメージを信じるしかありません。あとはこのまま自分が思い描くストロークをしっかり行ってあげるだけ。それが入れるために必要なことなのです。

【ルーティーン1】ラインを見て狙う方向を決めたら、そこに対してアドレスに入る

【ルーティーン2】グリップをする

【ルーティーン3】目標方向を見る

【ルーティーン4】顔を戻してパッティングを行う

カップイン!

3パット撲滅の武器を紹介

最高品質削り出しパター
 ヴォルト シリーズ

 削り出しから得られる最上のフィーリングに新TR溝を搭載し、ソフトで心地よい打音を実現。ヘッドの細かい部分にまで拘った形状と見た目がプレーヤーを魅了します。

BERGEN (ベルゲン)

長いアラインメントと最高の直進性

・削り出し6061アルミ二ウム採用
・アラインメント効果に優れたサイトライン
・135gの17-4ソールウェイト搭載
・ダブル・ベントシャフト

国内メジャー「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」で鈴木愛選手、大山志保選手がワンツーフィニッシュ!大活躍のVAULTパターをチェック!

中井学プロ

解説/中井 学プロ

1972年生まれのプロゴルファー。14歳でゴルフを始め、高校時代には日本ジュニア出場などの実績がある。卒業後に渡米すると、さまざまな理論を学ぶ中から独自の理論を構築。現在は多くのプロ、アマを指導するとともに、雑誌・テレビ・Webなどでもレッスン、トーナメント解説などで活躍中。

杉村和哉さん

アマチュア/杉村 和哉さん

100切りを目指すアベレージゴルファー。

関連リンク

このページのTOPに戻る