MENU

FITTING: Interviewフィッティングインタビュー:Vol.3

一覧に戻る
“PINGの魅力…それは、フィッティング力”斎藤 仁 (フィッティング・コーディネーター)

PINGの斎藤 仁フィッティング・コーディネーターは、全国の店舗へのPINGフィッティング導入やフィッティングイベントの企画、運営の傍らフィッティングチームを牽引する、言わばフィッティングの専門家。そんな斎藤フィッティング・コーディネーターが、PINGのフィッティングの真髄を語ってくれました。

フィッティング=「ご自身に合うクラブを見つける作業」

フィッティングとは、簡単に言うと「ご自身に合うクラブを見つける作業」のことです。ゴルフはとても特徴あるスポーツで、単に練習をしてプレーをするだけではなく、そこにクラブを選ぶという要素もあります。クラブ選択を楽しむことができるということもゴルフの魅力なのです。特に最近は、クラブのモデルやスペックが多くなったきました。シャフトなどは覚えられないほどです。ですから、自分に合うクラブを知ることができるフィッティングの重要性は、益々、高まっていますね。

フィッティング=「ご自身に合うクラブを見つける作業」

原点は、やはりフィッティング

「PINGはいつからフィッティングを提供しているのですか?」というご質問を時々いただくのですが、答えは「創業当時から」です。PINGを設立したカーステン・ソルハイムが、彼自身のクラブを彼自身に合うようにして、ゴルフの上達を目指すために始めたことがフィッティングだったのです。ですから、その歴史は50年以上にもなります。他にも様々なフィッティングがありますが、PINGほどの歴史を持ったフィッティングはないはずです。その分、膨大なデータとノウハウを蓄積していますので、最高のフィッティングを受けていただけると自負しています。

原点は、やはりフィッティング

誰にも合わないセッティングはない

PINGのフィッティングの特徴は、無限にあるスペックの中から、左右関係なくどんなゴルファーにも合うクラブを作れること。ビギナーの方からプロまで、オンリーワンのセッティングを組めるということが魅力です。フィッティングというと難しいイメージもありますが、敷居を下げるために、独自のカラーチャートを取り入れて数字に拘り過ぎないよう、分かり易くご理解いただくことも追求しています。ですからビギナーの方こそ受けていただきたいですし、実際、そういった方のご予約が増えています。また、一度フィッティングを受けた方も、スイングが変わっていることも多いので、定期的にチェックすることをおススメしますよ。

誰にも合わないセッティングはない

アマチュア向けのフィッティングの方がきめ細かい

様々なゴルファーの方がご来店される中で、フィッティングはプロや上級者がするもの、というイメージを持っている方が多いようですが、その発想を逆転していただきたいということをお伝えしたいです。それは、プロや上級者ですらフィッティングをしてクラブを選んでいるのだから、アマチュアの方々こそ選ぶべきということ。ゴルフが完成されていない方ほど、ぴったり合うクラブを選んで、その力を使って上達すべきですからね。PINGのフィッティングは、プロもアマチュアも同じ方法で行っています。プロはイメージでクラブを決めることもありますので、そういう意味ではアマチュアゴルファー向けの方がきめ細かいフィッティングすることもありますよ。皆さんのスキルとクラブの性能をより引き出すためにも、アマチュアゴルファーの方には、是非、フィッティングを受けていただきたいです。

アマチュア向けのフィッティングの方がきめ細かい

PINGこそ、フィッティングのリーディングカンパニー

私達は、「PINGと言えばフィッティング」「フィッティングと言えばPING」という自負があります。それはその歴史の深さと、そこで培ったノウハウによる先進性に優れているからです。そして、そのフィッティングを易しく、簡単にゴルファーに体験いただくことにも全力を尽くしています。昨今、フィッティングの重要性が高まっていますが、それはつまり、PINGの歩んできた道が正しかったことの証明でもあります。これからも、PINGはアマチュアゴルファーの皆さんにゴルフを楽しんでいただくため、さらにフィッティング力を高めていきます。そんなPINGのフィッティングを、是非、体験してください。
●PLAY YOUR BEST.

フィッター在籍店一覧はこちら 全国フィッティングイベント

関連リンク

このページのTOPに戻る